• トップページ
  • オンラインショップ
  • PR動画
  • プロジェクトについて
  • スタッフ紹介
  • 協力企業
  • お問い合わせ
【お問い合せ】
東京多摩国際プロジェクト
E-mail:info@tokyo-tama.jp
Tel. 042-558-8505
Fax.03-6205-8928

東京事業所
東京都千代田区有楽町1-6-8
松井ビル1階 ビビ21ドットコム

多摩営業所
東京都あきる野市小川633

多摩事業部
東京都青梅市御岳中央321
森の演出家
東京都資源利用イノベーション事業
いいね!JAPAN
Facebookページ
銀座かずや 東京・多摩国際プロジェクト フライヤーダウンロード
東京・多摩国際プロジェクト 公式通信販売サイト
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2015
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2013
2014 ver. 東京多摩国際プロジェクト イメージソング Step by Step song by MIOSIC

東日本大震災復興支援 宮城県南三陸町 田の浦

トップページ » 東日本大震災復興支援 宮城県南三陸町 田の浦

「絆」がんばれ日本!

■ 宮城県南三陸町 田の浦 漁師 千葉 吉之さん(昭和14年生まれ73才)

2011年3月11日 東日本大震災での津波被害を目の前に経験。町の復興、人々の希望のために日々活動を続ける。
中学を卒業してすぐ、親の反対を押し切ってサンマ船に乗り込み、その後マグロ船の船員として働く。現在は、息子と親子2代で、ワカメやホヤの養殖を行う。

2011年3月11日東日本大震災発生の翌月4月19日から、東京都青梅市(多摩地区)「小山製菓」店主 小山洋一を中心とした多摩の仲間達は、南三陸町現地へ乗り込み、被災者ひとりひとりの声を聞いて回った。 「今、彼らは何を必要としているのか。」「本当にしてほしいことは何か。」
現在に至るまで30回を越えて現地に足を運び、物資の提供、炊き出しなどを行っている。
大切なのは、「今、他のために、自分にできることは何か」を考え、行動すること。

※ 田の浦ファンクラブ発行 「田の浦の漁師が伝える海と人との暮らし方」より抜粋

2011年3月11日午後2時24分、宮城県牡鹿半島の東南東沖130キロメートル海底を震源とした地震が発生。それに伴い発生した津波は東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に、死者1万5782人、行方不明者4086人(2011年9月11日現在)という甚大な被害をもたらした。田の浦地区では98戸中、55戸が被災。内訳は全壊48戸、大規模半壊(床上1メートル以上が浸水)6戸、半壊1戸。死者14人、行方不明3人。
2011年3月11日 10mを越えたといわれる津波が、田の浦港の養殖施設も、100隻ほどの船も、浜にあった漁具も施設も建物も、すべて流し去ってしまいました。海には瓦礫が沈んでおり、地盤の1m近く下がった港には、海底から引き上げられた瓦礫が山をつくっています。
それでも今、漁師達は再び海へと向かっています。また、海で仕事がしたい。毎日少しずつ、でも着実に。1隻の船が、1枚の網が、1本のロープが、海の仕事の復興へとつながっていきます。

今回、田の浦の人たちの話に耳をかたむける中で、海と共に暮らすということは、海の豊かさとも、恐ろしさとも、まっすぐ向き合うことなのかもしれないと思いました。
今回の災害により、改めて、海の傍らでの暮らし方がみつめなされている今だからこそ、永い年月、海の恵みとも脅威とも向き合い続け、またこれからも海と共に生きようとする、田の浦の人たちの話をここに紹介したいと思います。

千葉吉之さん(73才) 漁師

3月11日のこと「ずーっとひけていったから。海底が見えたの。」

千葉吉之さんが、ある漁具倉庫の裏に案内してくれた。そこに立つと木立の間から田の浦の入り江が一望できる。海抜20mほどのその場所から、吉之さんは津波が押し寄せるのを見た。津波により浜の様子は一変した。浜に残ったコンクリートブロックに腰をかけ、穏やかな海を眺めながら「あの日」を語り始めた。

「地震が来たときは、家に居てワカメの芯取りしてたの。揺れたな。長い時間。これは大きいぞと、海に行きリフトを使って船や道具を避難する作業をして、30分くらいすると、海の水がスーッとひけていって、これいじょう居ては危ないとおもい、逃げたの。我々、海の水の引き方で津波がくるのが分かる。「早く逃げろ!逃げろ!」と叫んだの。車さ乗って倉庫裏まで来た。松島という島が見えなくなる位に波がきたの。ついたときはすでに家が流され始めていたのだけど、先についた人たちが「家が流される」って。それは、22〜3秒なのね。」

千葉さんは、そう言うと、無言で 海を見つめた…。その後のことは語るにも胸をつかえるのであろう。 震災から2年半が過ぎる。時の過ぎる速さに反して、復興の進みは一歩一歩、まだまだ支援が必要だ。

我々多摩の仲間たちも、震災を忘れ去ることなく、現地で力強く生き抜く人々を、これからも支援していきたい。

日本中に、そして世界に、笑顔の輪が広がりますよう。

ページトップへ