• トップページ
  • オンラインショップ
  • PR動画
  • プロジェクトについて
  • スタッフ紹介
  • 協力企業
  • お問い合わせ
【お問い合せ】
東京多摩国際プロジェクト
E-mail:info@tokyo-tama.jp
Tel. 042-558-8505
Fax.03-6205-8928

東京事業所
東京都千代田区有楽町1-6-8
松井ビル1階 ビビ21ドットコム

多摩営業所
東京都あきる野市小川633

多摩事業部
東京都青梅市御岳中央321
森の演出家
東京都資源利用イノベーション事業
いいね!JAPAN
Facebookページ
銀座かずや 東京・多摩国際プロジェクト フライヤーダウンロード
東京・多摩国際プロジェクト 公式通信販売サイト
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2015
東京多摩国際プロジェクト ビデオクリップ 2013
2014 ver. 東京多摩国際プロジェクト イメージソング Step by Step song by MIOSIC

まんじゅう屋 小山製菓 小山洋一

トップページ » まんじゅう屋 小山製菓 小山洋一

みんなの笑顔がみたい。ただそれだけ

■ 東京都青梅市大門 まんじゅう屋「小山製菓」 小山洋一

人気の「酒まんじゅう」(麹菌を天然酵母で自然発酵させたおまんじゅう)をはじめ、「いばら餅」、お正月の「伸し餅」などを手作りしている。
街の人々に少しでも喜んでもらえるよう、毎月、15日(年金支給日)は「いいご縁の日」として、全商品を半額にて提供している。

私が、小山製菓の「酒まんじゅう」を初めて食べたのは7年前。 久しぶりに青梅に訪ねてくる親戚のおばちゃんから、「小山製菓さんの酒まんじゅう30個買っておいてちょうだい。」と連絡が入った。 「酒まんじゅう30個?」 1個100円で30個なので合計3000円。安いお使い物だと思い、私の分も含め40個の「酒まんじゅう」を買った。
うちにやってきたおばちゃんに、30個の「酒まんじゅう」を渡すと、おばちゃんは笑顔でこう言った。
「私はね、いつも青梅に来ると必ずこの『酒まんじゅう』を30個買うのよ。家に帰って、全て冷凍しておいて、食べたい時に蒸かして食べるのよ。原料も全て国産にこだわっていて、なんともいえないおいしさなの。」

その時の私には、「なんでだろう?わざわざ青梅まで来て、酒まんじゅう30個?」と、その理由がわからなかった。
それから年月が経ち、みんなが小山製菓の「酒まんじゅう」を買いにいく理由がわかった。
店主の小山洋一さんは、まんじゅうをつくる職人というより、「まんじゅう屋」を通じて、「人を幸せにしたい」「笑顔の種をたくさん撒き続け、元気一色の街にしたい」という想いでいっぱいの人物なのだ。その想いが自然と小山製菓の「酒まんじゅう」の味となって人々に伝わっていた。人の想い、温かさは、その人のつくる食べ物、料理の味に出る。

小山洋一さんの想いは「お金では買うことのできない、「沢山の仲間と共に生きる喜び」や、「人や物を愛する大切さ」を踏まえ、仕事を愉しく楽しんでいきたい!」純粋に、ただそれだけ。

表立っては知られていないが、古びた1軒の小さな「まんじゅう屋」の店主が行う社会貢献は、「障がい者支援」「養護施設支援」「いじめ、ひきこもり、ニートの支援」「東北復興支援」など、広い範囲に及んでいる。

ページトップへ